RESULT MAGICのECU(DME)チューニングメニュー

国産車

SUBARU HONDA TOYOTA NISSAN MAZDA MITSUBISHI
SUZUKI DAIHATSU

車本来の走りの楽しみを知ってください!

ECUチューニング

ECUチューニングは貴方の愛車を内部からさりげなく安全に、
しかも確実に性能を向上させます。
ECUとはエンジンコントロールユニットのことで、コンピューターみたいな
ものです。このコンピューターが点火時期や燃料調整、 スロットル開度、
バルブタイミング、アイドリング調整、ターボのブースト圧などの制御を行なって
いるわけですが、制御部分のデータをチューニングすることで、エンジンが持っている
本来の能力をフルに発揮することができるのです。
本来必要のない制御から開放されたエンジンのポテンシャルの高さを
ぜひ感じてください。クルマ本来の走りの楽しみを知っていただけると
確信しております!

違いを実感!ユーザーレビュー

各メーカー、車種別にユーザーレビューを登録致します。RESULT ECUやRESULTオリジナルパーツで「楽しい車創り」のきっかけになったと言って頂けるユーザー方はどしどし教えて下さい。知名度のないホームページですが皆さんの楽しい車で埋め尽くしたいと思います。この枠への掲載は写真1枚とコメントのみです。上の方にあるうユーザーレビューをクリック頂くと各メーカー、車種別に掲載します。

RESUT MAGIC column

コンピューターチューニングはecoにも貢献します。私どもは上記各メーカーのRESULT装着後のデーターをみても、ノーマルECUの制御は高燃費、低パワー、低トルク、低レスポンスが目的で作られているとしか考えられません。言い方を変えれば、エンジンがノーマルECUの内部データーに対してオーバーキャパシティ−であると思っています。故に、ECUの内部データーをリセッティングを行うことで燃費、パワー、トルク、レスポンス、エンジン本来のポテンシャルを100%引き出せると確信しています。

高レスポンスがすべてだとは思いませんが、ユニットを交換してレスポンスの変わらないチューニングECUは本物といえるでしょうか?高レスポンスをまとめてみました。今後もセッティング後のレスポンスビデオを公開いたします。
環境に優しいユニット!?先日来から不思議な結果が出ています。当社のユニットを装着されているGDB系インプレッサ・SG−9フォレスタが何と平成14年度排出ガス規制の数値(一酸化炭素1.0%以下・炭化水素300ppm以下)に触媒なしにも関わらず既定値内になっているということです。1ccのガソリンを効率よくどう燃やし、パワーやトルクに反映するかを考えた結果ではないでしょうか?燃費もecoに貢献しているとの声も多く聞かれます。決して触媒を外す事を推奨しているのではありません!チューニングとは調律ですから、車の調律がきちんと出来れば、排出ガスや省燃費eco貢献できると言うことです。当社のユニットを選択いただける一つの基準にしていただければと思います。

先日某メーカーのバイワイヤーコントロールがついたユーザーのユニットを書き換えたのですが、そのユーザーが「スロコン本体スイッチをノーマルに戻すのと、スロットルスイッチのカプラをノーマルに戻した本当のノーマルとには差がある」と感じていてコントローラーとのスイッチオフとカプラを外してノーマルに戻した仕様との乗り比べをしたら全くノーマルの方がレスポンスもよく(M/T車ははっきり判断できる。)出だしが良いとの結論が出ました。この話以降5台くらいチェックしましたが、やはり同じ感想をユーザーから聞きました。あくまでも、ユーザーの感覚的な話でシャシダイとかの論理性はないのですが気になる結果です。万が一、ノーマルモードが全くノーマルではなければモードアップしてもその差が大きくなるわけですからどうなんでしょうか?モードアップでレスポンスがあがるわけですから通常使用する範囲では問題ある製品だとは思いませんが、ノーマルモードを頻繁に使用されるユーザーは全くのノーマルではないとなるわけですから一度、カプラをノーマルに戻して試してみてはどうでしょうか?RESULTとの併用の場合はスロコンのスイッチがノーマルモードでご使用の場合でも、全くのアクセル作動がノーマルではないためスロコンの装置を未装着の車輌に比較してレスポンスが多少悪くなることを理解頂ければと思います。

インポートカーのRESULTチューニングが順調に進行しております。インポートカーのECUはほとんどがボッシュ製ですがシーメンスやルーカスも追々開発予定です。(一部は完成しています。)今までのインポートカーのチューニングは、OBDから個体のデータを呼び出し、それをメールでドイツや、イタリアに送り、モディファイされた物をインストールするだけといったもので、抜き出し・書き込みを行う日本のメーカーが何を書き込んだか全くわからないデータがインストールされます。試乗後に「変わったでしょ!」を連発されその場では勢いでOKしたものの冷静になると全く変化がなく問い合わせても書き込んだ方が中身がわかっていないから明確に変更点を教えてもらえない。REVも引き上げてあると言われても、停止REVがあるため確認も出来ない。こういった状況が今のインポートカーECUチューニングです。当社もあるメーカーで4台くらい斡旋しましたが、全く変化がなくRESULT600を注入した方がトルク感も上がりレスポンスも良くなったと言われたことがありました。インポートカーチューニングはこんなレベルなのかと実感した時期でもありました。当社がインポートカーECUを始めたのは「いい加減なメーカーに対しての挑戦!」なのかも知れません。当社はデータの読み出しからデータ作り、書き込みまで全てを自社内で行いデータに対して責任をとれるように行っています。国産データと違いデータ作りには相当苦労しておりますが結果としてユーザーから高評価を頂いております。他社メーカーのデータも書き換えを行い「言い聞かせ商法」などは行わなくてもユーザーから「楽しい車になった!」と評価を頂いております。今後も自社内でしっかりデータ作りを行い、インポートカーもRESULTで「楽しい車創り!」を創造いたします。

イベント情報

9/3・4北関東地区:スーパーオートバックス宇都宮お問い合わせは小林氏まで。(028-610-3777)
9/10・11南関東地区:スーパーオートバックスみなとみらい(045-640-6601)
9/17・18南関東地区:スーパーオートバックス東京ベイ東雲(03-3528-0357)
9/24・25南関東地区:スーパーオートバックス羽村お問い合わせは岡田氏まで。(042-555-5101)
10/1・2南関東地区:オートバックス春日部(048-760-1171)
10/15・16東海地区:スーパーオートバックス静岡中原お問い合わせは石川氏まで。(054-283-6018)
10/22・23南関東地区:オートバックス桶川店詳細は桐沢氏までご確認下さい。(048-778-5720)
10/29・30南関東地区:オートバックス三郷店お問い合わせは岡庭氏まで。(048-949-7788)
11/5・6南関東地区:スーパーオートバックス三鷹お問い合わせは内山氏まで。(0422-30-0577)
11/12・13南関東地区:スーパーオートバックス東京ベイ東雲(03-3528-0357)
11/26・27南関東地区:スーパーオートバックスみなとみらい(045-640-6601)

新着情報

RESULT MAGICの開発製品

shopping

information

会社案内

株式会社サクセスオリエントワークス
〒581-0083
大阪府八尾市永畑町1-2-54
TEL:072-992-5667
FAX:072-992-6066

営業日

2016年08月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
2016年09月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

営業日

定休日

毎日乗るのが楽しくなるクルマ創りがコンセプト。この感動を体感してください